漢方薬・体の不調を整える医療と薬

漢方薬・体の不調を整える医療と薬

私の知り合いは、自分よりも年齢の高い方が多いので、医療の事や薬の事なども見聞きする場合も多くあるのです。
本当に病気でいくつかの薬を飲んでいる人はそれでも少なく、どちらかというと漢方薬などを飲まれている方が多いのです。

 

西洋医学にある薬は、早く治療ができる事もあり薬を飲む期間はとても短い事が多いです。
しかし、西洋医学では改善できないような不調を抱えている人は、実は多いのではないかと思うのです。

 

日本も高齢化が進みある程度寿命は延びましたが、それでも完全な健康体を持っているのかというと、
そうでもないのかもしれません。
私の周りの人でも女性らしい体の症状がある人が多いので、余計にも漢方薬を飲まれる方が多いのでしょう。シアリスジェネリック

 

よくある体の不調の症状は、意味のない汗をかく事や日中からの不自然なだるさなどが多いです。
これは女性のホルモンの状態によるものも多いのでしょうが、やはり体質的な要因なども多いのかもしれません。

 

私ももしかしたらこのような体調の悪さに直面する事があるかもしれませんので、
よくこの体の不調をどうやってケアしているかを尋ねたりしています。
漢方薬は専門の薬局や普通のドラックストアでも手に入るそうですが、やはりお医者様で診ていただいた方が費用が遥かに安いそうなのです。

 

保険を使う事もできるし、例えば風邪をひいたりしても、一緒に不具合を見てもらえるし、
漢方薬などとの飲み合わせなども診ていただけるそうです。
ただ、漢方薬を利用する場合は、きちんとした指示どおりに服用しないと、効き目が下がってしまうという事なのです。

 

一般的な西洋医学の薬は、胃腸を荒らさない為にも食後の服用が多いのですが、
漢方薬は食前であったりする事も多いらしいのです。
この時間に飲み忘れてしまい、食後に服用してしまうと効き目が下がってしまうという事です。

 

さらに、最近では色々な医院でも漢方薬を処方してくれるらしいのですが、できるだけ顔色や舌の色、
さらに体質によってもうまく漢方薬を配合してくれるお医者様の方が良いという事でした。シアリス効果

 

病気未満のちょっとした体調の悪さ、だるさなどの場合漢方薬の服用は有効なので、さらに漢方薬を利用する医療は増えるでしょうし、
私も体調が悪い時は活用したいと思っています。

私の甥っ子が小学校低学年だったころの体験です。
当時、甥っ子の両親(私の実の姉と旦那様の3人家族)は実家の近所に住んでおり、
二人とも共働きで忙しくしておりましたので、甥っ子は放課後よく実家にて過ごしておりました。

 

ある日、小学校から実家に直接やってきた甥っ子が、膝に絆創膏を貼っていたのでどうしたのかと聞くと、
休み時間に校庭で遊んでいたら転んだ、保健室で絆創膏貼って貰ったということでした。

 

男の子だし、元気がいいねえとその日は過ごしたのですが、数日後にやって来た甥っ子に膝どうなった?
と聞くとかさぶたになったんだけど痛い。と言うのです。

 

瘡蓋になったら痒くなるよねえ?と不思議に思って母親である姉に病院に行った方が良いかもしれないよ。

 

と伝えたのですが仕事が忙しいので週末に行く、との答えに少し不安を覚えました。
それからまた数日経って、瘡蓋は取れたんだけどまだ膝痛い。と言う甥っ子の膝を見て、びっくりしてしまいました。

 

瘡蓋は取れて、新しい皮膚が出来ているのですが、赤くてその皮膚の下は黄色く化膿したものが見えるのです。

 

これは病院行かなきゃ、と言うと甥っ子は怖くなったのかイヤダイヤだと言いましたが、鬼叔母と言われてもいい、
と思い病院へ連れて行き、姉にもすぐ病院へ来るよう連絡しました。

 

診断の結果、甥っ子は 蜂巣炎(ほうそうえん)という傷口から細菌が入って化膿した状態が新しい皮膚によって蓋をされていたものになっていたということでした。

 

すぐさま患部を切開して膿みを出す処置と、点滴による抗生物質の投与が行われ、リンパ節への異常がないか等の検査もされていました。

 

ドクターと看護師さんが本当に切羽詰まった様子で処置や検査を急がれている様子に、
病院に着いた姉も、私もまさかこんな大事になるとはと驚きを隠せませんでした。

 

甥っ子は一通り処置が済みましたが、抗生物質の投与と予後の変化を見るため、とそのまま10日間の入院になってしまいました。

 

膝の擦り傷と軽く考えていたものが、こんなになるなんて。思えば最初に傷を作って帰って来た日にきちんと病院に行っていたら、
と考えずにはいられませんでした。

 

今ではすっかり元気になって切開した傷も男の勲章などと言っている甥っ子です。

 

しかし、子どもが外で怪我をしてきた、と言う事があったら、親御さんはどうか患部をきちんと見てあげて欲しいです。
そしてもし傷が深そうだったら、範囲が広かった時は、念のためにでも受付時間内に病院を受診して欲しいと思います。

私は幼い頃から喘息の重症患者とされてきました。
実際子供の頃、医者からは二十歳までは生きられないと言われ、落胆したのを覚えています。

 

当時、発作が起きれば朝、夕方、夜中の3回、親が隣の駅にある病院に連れて行ってくれていましたが、
自家用車を持たない親も大変だろうと
親元を離れて喘息患者専用の寮生活を勧められた時期もありました。

 

それでも、うちの両親は自宅治療を選び、当時医者の斡旋でしか手に入らないとされたネプライザーという吸入器も、
電気治療器も備え、調合してもらう漢方薬も飲ませることを選択しました。バイアグラジェネリック

 

喘息に良いとされるものはありとあらゆるものが自宅にありましたが最終的には病院の点滴治療に頼らざるを得ない状態だったと思っています。

 

そんな時に手渡されたのが、携帯用の吸入器でした。
これは発作が起きそうな時や起こる前に使用し、発作を防ぐという薬です。

 

喘息は発作が出たら抑えるという考え方から、起こる前に防ぐやり方に医療自体が変わってきたと説明されました。

 

学校生活を送っていた私にとっては、発作が起きては困るからと、体育などの運動を一切してこなかったので、
この薬のおかげで一変した生活を送ることができるようになりました。

 

もし、発作が起きてしまってもこの薬があれば早退することなく発作を落ち着かせることができるのです。

 

今までも喘息の予防薬として、毎日続ける薬はありましたが、
この吸入器のような即効性のある薬は初めてで喘息患者である私に大きな自信が生まれました。

 

それは何でもできるという自信。
発作を自分で抑えられるという自信。
空気の悪い場所でも一歩踏み出せる自信。

 

普段健康そうに見える私たち喘息患者の悩みは、
「病気なんて嘘でしょう?」と周りがあまり理解してくれないことです。

 

特に、子供時代は大変な苦労です。
夕方、明け方に発作が起こりやすいので、学校の時間は普通に生活ができてしまうこともあるからです。

 

それに、喘息発作時の肺の激しい運動の影響により胸板が厚くなっているせいで丈夫そうに見える子もすくなくないからです。

 

私も子供時代、マラソンのタイムをクラス対抗にするという行事で、喘息患者だという理解がされず、
絶対に遅いタイムや棄権は許されない状態に陥りました。
マラソンは喘息重症者に取って致命的です。バイアグラジェネリック通販

 

私はその日、欠席せざるを得ない状況になりました。
こういった薬の開発、医療の進歩により健康でいられる時間が長くなったのは明らかです。

 

喘息の薬の開発はなかなか進まないという話もよく聞きますが、徐々に開発が進んできているのもまた事実だと思います。
私も今は月に一度定期的に受診し、喘息の発作が起こらないよう予防薬を飲んで健康な生活を送っています。

健康を損なうと病院へ行き、医療行為を受けて、薬を処方されます。
医療の進歩はものすごく進み、健康診断から始まり、どこか不調があると、やはり頼るのは医療機関となりますね。

 

身近で受けられる医療には西洋医学と東洋医学が、大きく分ければ2種類あります。
最近では、西洋医学が東洋医学を取り入れての診察を進める動きもあります。

 

ただ、東洋医学は西洋医学と一緒に行うということはないですね。
日常的にいつも不調、でも、西洋医学の病院で検査をしても、どこも異常が見つからなかったので、
薬の処方箋も出なかった、ということがあります。ピル通販

 

時間とお金をかけて大きな大学病院まで、不調の中、大変な思いをして何度も3時間待ちで診察を受けたのにどこも、
異常がなく、医師からいただいた言葉は「どこも異常がないので、健康そのもの。様子をみて。頑張って。」です。

 

最新医療機器で検査をして、どこも異常がないのは、ホッと胸をなでおろすくらい、良かった、安心した、ということになります。
が、不調は続くのに、薬も何もないということは、医療機関を頼ったのに、何にも改善はできないというもの。

 

そうゆう状況の時は、東洋医学を頼ると、改善することは、非常に多いですね。
東洋医学では、「これはストレスのせいですね」とは、言いません。

 

東洋医学では、ストレスが原因だから、全体的に和らげていきましょう、
まずは血流をよくしていきましょう、というように、すぐに改善に取り掛かってくれます。

 

整体や鍼灸院は、そのようにまず全体的に身体を健康にしていくので、不調の原因をかなり和らげてくれることにつながります。

 

そして、東洋医学で用いる薬は、漢方です。
漢方は、即効性は感じないことが多いですが、1ヶ月も飲み続けて、それが個人の不調改善に合っていると、
「あ、最近、なんだか不調が楽になってきた…」と、気づくのです。バイアグラ体験談

 

薬は、効かないと意味がないので、現代の薬の進歩は、多くの難病の方々を救っています。
でも、化学的なので、いざという時に使う方が身体の負担を減らすこともあるでしょう。

 

漢方薬も、製造された薬です(煎じるものは自然ですね)から、乱用はいけませんが、
身体に優しいので、なんとなく不調…という時には非常に便りになる薬といえるでしょう。

はじめに

 

冬になると空気が冷たくなりカラカラに乾燥するため、喉や目、鼻などの粘膜にダメージを負いやすくなります。
外部からの刺激に耐えようとする抵抗力が落ちるため、身体が疲れやすくなったり病気になりやすくなってしまうのです。

 

この時期に流行する疾患にインフルエンザがあります。
インフルエンザは流行性があり、一度流行すると地域や学校、家族内に移ります。
世間にインフルエンザウイルスが蔓延する前に早めの対策を講じることが大切なのです。

 

インフルエンザの感染経路とは

 

インフルエンザには咳や鼻水などの飛沫が飛び散ることで感染します。
自分がかからないためには常にマスク等で自分の口と鼻を保護したり、手洗いうがいをすることが大切ですが、仕事をしていたり学校に通っていると一日中それを実践することは大変困難です。

 

よく「咳エチケット」という言葉が使われます。
これは「咳をするときには手で口を覆うことをしよう」という運動のことですが、それだけでは対策としては不十分です。咳を受けとめた手を洗わずに共用で使っているものを触れば、そこからインフルエンザウイルスが広がってしまうからです。ピル値段

 

インフルエンザのワクチンを打とう

 

そこで、冬の健康を維持するためには是非インフルエンザワクチンを接種することをおすすめします。
インフルエンザにはその年に流行する型がありますが、医療機関で打つワクチンは、その型の流行を事前に予測してきちんとそれに対応できるようになっています。

 

もちろん新型のインフルエンザが蔓延すればまれに効かないということもありますが、全く予防接種をしていない人と比べると症状が軽いことが多いようです。
インフルエンザにひとたびかかってしまえば、仕事や学校を休まざるを得なくなってしまいます。身体は高熱できしみ、眠れない夜が続きますから体力も消耗してしまいます。

 

今は大流行を抑えるために、ワクチンの補助金を出す企業も多いようです。
金銭的負担が気になる人は、自分の勤め先に確認してみてもいいでしょう。

 

子供についても、各市町村に費用負担制度がある場合もあります。
お住まいの役場に聞いてみるといいですね。

 

まとめ

 

インフルエンザが流行する前に、早め早めの対策をして備えることが大切です。
インフルエンザウイルスはとても強いウイルスですから、一度流行するとどうしてもかかりやすくなってしまうもの。
ぜひワクチンを接種して健康を維持しましょう。

おすすめのサイト